1984年、一匹の子犬を 友人から譲り受けました。
それが「小梅」です。 私の犬飼人生の始まりでした





home